Jack Russell  "コテツの散歩道”

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩で目についた“ 花 ハナ はな” 花シリーズVer.6

<<   作成日時 : 2010/10/11 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 花シリーズVer.6iに登場する花 : フヨウの仲間     芙蓉 : フヨウ & 酔芙蓉 : スイフヨウ    ムクゲ & ハイビスカス 
 


   カバーフラワー

 
画像
  10/1 に撮影した芙蓉:フヨウ 






 フヨウ(芙蓉)はアオイ科の植物で、
フヨウ(芙蓉)・スイフヨウ(酔芙蓉) などがあり、 その共通点は??


朝に咲き・夕にはシボム“一日花”

10pから15pほどの大きさの花が咲く

その花の中央には “ おしべ ” のカタマリが、
その中央からニョッキリのびているのが “ めしべ ”
 
 「雌しべは、先の方で曲がっており、先端は5つに分かれている」 これが芙蓉の特徴。 

 ムクゲなど、 芙蓉に良く似た花がいろいろあるようだけれど、
 雌しべの先端部が曲がっている”のが芙蓉の証なんだって!  
 
   







 芙蓉 : フヨウ  

   芙蓉は、一重咲きの花で、ピンクの花びらが5枚。
  街の植え込みなどでも、見かけることができる。
  
  芙蓉は中国原産。中国では「ハスの美称」として芙蓉とも言うので、
  ここで採り上げた“フヨウ”を木芙蓉(モクフヨウ)、“ハス”は水芙蓉(スイフヨウ)
  と呼んでいるんだって!


画像
10/1 撮影  

画像
画像
 めしべ の先の方が曲がってるだろう!
 この曲がりがフヨウの特徴なんだって。 




 酔芙蓉 : スイフヨウ  

     酔芙蓉は、八重咲きの花で、白からピンク・濃いピンクへと色が変わるのが特徴。
  咲き始めた朝は真っ白、時と共にピンクに色づき、夕方には濃いピンク(紅色)へと移り変わる。
   酔うにつれて赤味を増す人になぞらえて、酔芙蓉と名付けられたと言われる花。
気にして見ていると、スイフヨウも街中で何カ所かで見かけたけど、名の通った場所としては“薬師の泉の庭園入り口で見ることができるよ。

★ 薬師の泉は、昔「江戸の名所」の一つとして知られていたとのこと。現在、環八通りと17号の交差点から志村坂上駅へ向かう途中、
17号沿いにあるんだ。




 ★ 朝のスイフヨウ・・・花の色は、真っ白なんだ。 9/20に  

画像
画像
画像
 前日に咲いた花の萎んだのは、かなり赤いんだ。  



 ★ 昼のスイフヨウ・・・花の色は、ピンク色に 9/20  

画像
画像
画像
   



 ★ 夕方のスイフヨウ・・・花の色は、濃いピンク色に。紅色に近いかもね。  9/21 

画像
画像
   


 このスイフヨウ 実は夕方撮影したんだ。10/4 のね。
  でも、雨上がりの後だったためか?? 白と紅の花が混じり合って咲いてたんだ。

画像
画像
  



★ フヨウの葉は、下の写真のようなんだ ★
画像
 



★ ムクゲの葉は、下の写真のようなんだ ★
画像
 フヨウの 1/3〜1/4 くらいの大きさかもね! 





 ムクゲ : 木槿  


 フヨウのことを調べていたら、アオイ科フヨウ属の仲間に、ムクゲやハイビスカスなどが在ることが分かったんだけど、もう一つピンとこないのが「ムクゲ」。ハイビスカスは、知ってたけどさ。
 でも、フヨウやスイフヨウを撮っていたら良く似た花に出会うんだ、チョット小振りのね。花は似ているけど葉っぱの形はフヨウと全然違うし何だろう?
 そんなとき、「ムクゲ」という名標のついた株を見つけたんだ。いろいろ見かけたフヨウに似た花は、「ムクゲ」なんだと分かったんだ。そんなことで、散歩中に出会った「ムクゲ」を撮ったんだ。

 このムクゲ、花は一重咲きもあれば八重咲きも・色もいろいろ。で、葉の特徴を手がかりに撮ったのが、次の写真なんだ。



  白い花のムクゲ
画像
  一重咲きのムクゲ 


画像
 八重咲きのムクゲ  


画像
 一重咲きで中心が赤いムクゲ  



  赤紫色のムクゲ

画像
 一重咲き 
画像
 


画像
 八重咲き 
画像
 




  ピンク色のムクゲ

画像
 チョット変わった八重咲き 
画像
 





 ハイビスカス   

南国を思い浮かべる赤い花:ハイビスカス。
これもフヨウやムクゲの仲間 「アオイ科フヨウ属」

5枚の花弁がお椀のように咲く花、その真ん中からスーッと茎のように伸びた先の方に「雄しべと雌しべ」が。この茎のような部分は、雄しべが合体したものだとか。
小さいけど沢山あるのが雄しべ。太く一本だけ伸びたのが雌しべ。雄しべの先端にはソラマメのような葯(ヤク:花粉のある所)が。雌しべの先端は5つに分かれている。
<まるで、太く長く伸びた雌しべの途中に、小さい雄しべが沢山あるような感じ>
これが、ハイビスカスの花のイメージ。
花の色は、改良されて黄色・白など色々あるみたい。
葉の形は、粗いノコギリ歯のようなギザがあってムクゲに似ているけど緑が濃い感じ。


  赤い花のハイビスカス

画像
 黄色いのが雄しべの葯
 赤色の5つある丸いのが雌しべの先端 
画像
画像
 


  黄色い花のハイビスカス

画像
画像
画像
 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
散歩で目についた“ 花 ハナ はな” 花シリーズVer.6  Jack Russell  "コテツの散歩道”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる