Jack Russell  "コテツの散歩道”

アクセスカウンタ

zoom RSS 春は花盛り 散歩で見た花 ハナ  Ver.3

<<   作成日時 : 2010/05/03 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この季節 散歩の先々で色々な花が目に飛び込んでくるんだって! 父さんの・・・・・
ボク??  「 匂い!  香り! 」で花に鼻を近づけることはあるけど、あんまり興味ないよ。
でも、父さんのお付き合いで、写真を撮ってる間、近くで寝そべって温和しく待ってるんだ。

このコーナーでは、父さんの気に入った花が目に留まったら、紹介するんだってさ。
 見てやってよ!!!



 先ずは 荒川桜堤の斜面に大々的につくられた
“芝桜 : シバザクラ” いま 大分 咲きそろってきてこれからが見頃だと思うよ。
 ここの“シバザクラ”
ピンクと白の2種類でシロバナで「 KITA CITY 」と大きく書かれているんだ。その間に 北区のマーク が描かれているんだよ。
 少し離れて見ると読めるからね。

画像
5月9日 新荒川大橋の上から
  今日は、駅伝カーニバル 2010 in 北区荒川の開催中 

画像
 ソッと花のところに潜入しちゃった。  5月1日  







ここからが、本番で〜〜す!!





  ヤマブキ : 山吹  

 公園や植え込みなどで、五弁の黄色い花をつける一重の山吹が咲き始め、そろそろ盛りを過ぎた頃に、八重の山吹が咲き始めるんだ。しばらくの間は、両方のヤマブキ見られるよ。八重は、少しオレンジ色に近い黄色にね。葉っぱの周りは、どっちもノコギリの歯のようにギザギザで薄っぺらな感じ。
  それと、一重の山吹は、数年おきに実をつけるらしいけど、八重の山吹は、実をつけないんだってさ。

 ところで、こんな歌も詠まれているんだ。

 「七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞかなしき」
 
この歌  「太田道灌の山吹伝説」という話を思い出す人もいると思うんだ。



★ ヤマブキ

画像
画像
画像



★ ヤエヤマブキ
画像
画像
画像
画像




★ 白山吹
  近くを散歩中、白山吹と言う名標のある花 発見。  
  白花のヤマブキ(山吹)のように見えるけど、別種の植物何だって! ヤマブキでは無いんだって。
  シロヤマブキは 4 弁の花だけと、ヤマブキは 5 弁の花なんだ。
画像
 




  シャガ   
 木陰や少し湿ったところの方が生き生きとしたシャガを見かける。白く見えるぐらいの薄紫の花ビラには濃い紫と黄色の模様があってアヤメに似た花をつける。群生しているから見つけ易いよ。

画像
画像
画像
画像
画像





  ハナミズキ : 花水木  

 1912年に日本(当時の東京市)がアメリカ (ワシントンD.C. )へサクラの苗木を贈ったとき、その返礼して贈られてきた花として知られているんだって。
 染井吉野などサクラが峠を越した頃から街のあちこちに白やピンク、紅色などの花をつけるハナミズキ。
 でも、その花と思えるものは「花ビラ」では無いんだって。その真ん中にある黄緑色のツブツブのカタマリがハナミズキの花なんだってさ。「花ビラ??」のように大きくて色とりどりに見えるのは、花を下から支えるようにつく葉のようなもので、 総苞(そうほう) と言うんだって。タンポポの黄色い花のすぐ下にあるミドリ色の細い葉みたいなのと同じなんだってさ。 

★ 街中の風景
画像
画像



★ 総苞(そうほう)が開きかけているハナミズキ
画像
画像
チョット “フクロウ”の顔みたいに見えない??


★ 総苞(そうほう)が開いたハナミズキ
画像
画像
 ミドリのツブツブ 一つ一つがハナミズキのツボミ
画像
 先が色づいたツボミも 


★ ミドリの4弁の花が咲き始めてるだろう! 
    5mmぐらいなんだ 

 写真をクリックすると大きくなって良く観察できるよ。 

画像
画像
画像
画像
  


★ ハナミズキが実を結んだよ
画像
  06/21   



★ ハナミズキが実も熟して赤くなってきたんだ 
画像
 9/21 撮影  

画像
 9/20 撮影   





  タンポポ : 蒲公英  

どこでも見かける“タンポポ” その不思議に感動!
 
 父さんだけかもね! 

 タンポポ!!?? 地面に這いずるようにして、放射状に広がる葉から茎が一本伸びて一輪の黄色い花をつけるタンポポ。沢山の細い花びらを持つタンポポの花。

 これ父さんの印象。

 でも、実はね、「細い花びらと思っていた一枚一枚がタンポポの花」なんだってさ。と言うことは、「細いタンポポの花」の集まりを「タンポポの花一輪」と思ってたんだね。

 チョット気になった父さん、
花びらと思ってた一枚を取ってみたら「舌のような形をしていて、雌しべのようなのがあったんだ」 
 なるほど「この一つ一つが花なんだ」。だから、その一つ一つが実(種)を結び白いワタ毛を着けて風に舞ってると言う事なんだ。
 一人 感心していたよ! 父さんたら   



画像
 チョット群生してたんで、パチリ!  

画像
画像
 


タンポポに接近! 
    カメラでね?


画像
      
タンポポの花びら」と思ってたのが「タンポポの花」  専門用語で “舌状花 : ゼツジョウカ


 「タンポポの花」と思ってたのが「舌状花の集まり」  専門用語で “頭花 : トウカ
      

画像
画像
画像
 花の直ぐ下にあるミドリの「総苞(そうほう)が反り返っている」 セイヨウタンポポ (外来種) 

画像
画像
画像
総苞(そうほう)が反り返りのない」  在来種 カントウタンポポ?? 


画像
 咲き終わった花は、実を結びワタ毛が顔を出してるところ  

画像
 お馴染みのワタ帽子  風に乗って落下傘は飛び立つ!!  



 ★ 変わり種 のタンポポ発見

図鑑で調べたら「 シロバナタンポポ 」だったよ。

画像
 周りが白で 中央が黄色のタンポポ
2010 05 06 荒川河川敷 赤羽野球場の一角で> 
 
画像




  シロバナタンポポ
http://homepage3.nifty.com/kusudadb/webhashiri/sirobanatanpopo.htm

http://yasuko.sakura.ne.jp/hyousi13/sirotan.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春は花盛り 散歩で見た花 ハナ  Ver.3  Jack Russell  "コテツの散歩道”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる